So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
マグロデンタルクリニック ブログトップ
前の10件 | -

毎年傾向の違うマグロたち。。。 [マグロデンタルクリニック]

ご無沙汰しております。

シーズンインよりコツコツと乗船しておりましたが、未だデカマグロは獲れずにおります。

8月中盤からもずっと餌を相模湾に撒き続け、9月後半に入りカツヲまつりからのキメジポツポツ

ようやく魚が潜り始めるも、もはやサバ状態のカツヲ達、そこをすり抜けマグロヒットに持ち込むまでが今季のキーポイントなのでわ?

しかし、やっと少しパターンが見いだせてきました。

周りの釣果を見ても20kg、30kgオーバーゲットが極端に少なく
10kg代にとどまっています。

深層のマグロに付け餌だけを見せ上層のカツオは指示だな付近で止めるようなコマセワークで止めておくといったイメージでなんとか4発はあたりを取ったものの取り込みでサメ被害で頭のみ、針スッポ抜け、ハリス切れ2回、4打数0安打、やはり手強いです。

なんとなくですが、加え込みが浅いような気がしているのですが、なんとも言えません。

ビシの破損や天秤の鑞着部破損、クッション切れ、フォールで食ったカツヲをサメが捕食してPE高切れビシロストなどなどトラブルも多く道具の老朽化も目立ち始めました。

マグロを獲るにはノーミスだよ!その言葉が蘇ります。

まだまだ修行が足りません、、、

だいぶ年季の入った長靴を新調して足元のグリップ強化、昔は平気だったのに最近オキアミで手荒れがひどいので診療用のグローブ着用、それと折れない心で引き続き挑みたいと思います。

少しだけマグロらしきものとやり取りした、新作のオンスロート12の使用感ですが、
ティップはエボのsss並みのしなやかさがあり感度はそれを上回ります。
カツオが加えた瞬間のプルプル感が伝わります。
細身のバットからは想像できないほどのパワーもありました
サメがかかったときでもグリップ部分で耐えれるほどでした。
それでいて今まで使ったスタンディングロッドの中で最軽量です。

GILL専用のブラックカラーのみですが、
グリップも滑りにくくオーバーグリップを巻かなくてもしっとりと手に馴染みます。


なにか新しいのできないかなーと思っても結局は元系を細くしていくしかないのかなーと
思っていたのですがGILL素材の使い所でこんな調子ができるんだなーと思いました。

できればライトロッドでテップヘビー気味の元径8mm
錘200号背負ってグリップ付近で曲がるアカムツ調子で、
いっその事シマアジとヒラメも兼用で作れれば、
また道具がスッキリ少なくなっていいなーと思いました。

とはいえ、デカマグロを獲っているベテランハンターはいます!
自分も見習って諦めづに挑戦しようと思います!

キメジ脂のってるけど、やっぱりマグロがほしいですね^^;

IMG_0632.jpg



nice!(0) 

ALLIGATOR GILL ONSLAUGHT 12-160  [マグロデンタルクリニック]

ついにニューロッドが完成した!
プロトの段階でオーダーしておりましたが新しい竿を作るのはドナンLS以来なので4年ぶりくらい!
ギル素材がリリースされてだいぶ経ちますが、相模湾でキハダを釣り続けていくうちに道具のライト化傾向を考えつつも不意の大型にも備えたいという裏腹な思いと、ギル素材のモデルの制約などがあり新しいロッドのオーダーを踏みとどまっておりました。今回のモデルはスタンディングギル175よりもシャープで更に軽量化されたレングス、竿の調子はより柔軟で繊細な穂先、先完全手持ちスタイルには最適なのでは?そんな思いで期待に胸膨らませておりました。

いつも悩むカラーリングは、せっかくのギル素材なのでギル限定のブラックバットを軸にオールブラック、ワンポイントなし!チップをつや消し仕上げに!ATロックのワンポイントだけシルバー!
またグリップはリゼンブルレザーのブラックですがここもギル限定の通常仕様よりもペタッとした感じで滑りにくく良い質感です!

IMG_0609.jpg

先日の釣行で使用した感想は、マグロヒットはしませんでしたが、7kgのキメジと3kgのカツオがマグロ仕掛けに食ってきたのですが、竿の感度はビンビンでカツオのプルプルとした餌を咥えた瞬間のアタリですら感じ取れます。このサイズの魚であれば一切の主導権を取られずにガンガン浮かせてきます。あの細身のロッドからすると信じがたいほどのパワーでした!
それでいてあの名竿、エボ165sssよりも更に軽い!
フィッシングパラダイスの中村さんやアリゲータ技研の伊藤さんには製作にあたり、とても相談に乗っていただき感謝です!素晴らしい竿が出来上がりました!
今シーズは厳しい戦いとなりそうですが、マグロっ気はでてきています!
ビックワン目指してがんばります!

o0809108014246852920.jpg
nice!(0) 

ウルトラライトでメジマグロ?! [マグロデンタルクリニック]

今年もいよいよシーズンイン!
初日、2日目と撃沈情報が錯綜するも、3日目に秀吉丸一号船で出撃しました。
諸事情により手元のあるロッドはアリゲーターキュートとドナンLS160 さてどうしたものだろうか?
マグロの魚影が未確認ということで、ドナンを父に使ってもらって、私はキュートを使うしかない(汗)
バランス的にはいろいろ悩んだがあまり強すぎるリールを組み合わせず、あえてフォースマスター2000とした。フルドラグの5号300m巻いてあるけど、使ってもハリスはMAX20号までかなとそんな作戦、朝一、海舟船長に今日は事情によりいつものヒラメ竿しかないのでよろしくです、と一言告げました。
万が一マグロ食っちゃったらどうしようと思いつつ内心10kgくらいのキメジならなんとかなるだろうという気持ちと、道具の限界が試せるいいチャンスだというワクワク感で出船しました。
IMG_0599.jpg
ビシは80号使うつもりでしたが、前回の銭洲で100号背負わせていたのでそのへんの心配はありませんでした。撃沈覚悟で出船したものの2時間位クルージングして江ノ島沖あたりでカツオナブラが見つかり直行、今日は意外と口を使ってくれるみたいで、チャンスタイムにポポポーーーンと2〜3kgくらいのカツオゲット、このくらいならなんとか行けるかな、まあここまでは想定の範囲内、問題はキメジだ!
IMG_0601.jpg
程なくして船長が東に進路を取り始めた、どうやらキメジが食っているナブラがあるらしい、ドラグを少しきつめに締めていざ向かうと1投目であたり!正直、不調の相模湾と思いつつカツオで使っていたハリスをそのまま変えずに使っていたため合わせで切れてしまった、20号ハリスに変えしばらくしてもう一発ココンとアタリ、渾身の合わせを入れフッキング!リールシートの手前から思いっきり曲がっていたが30mほど糸を出されそこで止まった、すかさずマックスまでドラグを締め込み、フルパワーでレーバーオン!一気に巻き上げ無事ネットイン!6,2kgのキメジだ!初日と2日目の釣果情報を聞いていたのでこれなら全然良いほうだと思い、この日は終了、潮の色や雰囲気は出始めている気がするが、大型の回遊はどうなんだろう?そんな感じでした。
IMG_0602.jpg

久々に電動でやり取りしましたが、フォースの2000結構力あるじゃんという反面、スタードラグはやはり2,3kgくらいのドラグ値で使っている分にはまずまずの仕事をしてくれるが、ある程度設定値を上げた途端に滑り出しが悪くなり、糸が出始めると止まらなくなるなと痛感しました。確かに数値上ではマックスドラグ値がかなり高くなってきている電動リールはたくさんあるのですが自分が設定した値で安定的に糸の滑りが確保できるかどうかは難しいかなと感じた次第であります、その点からすればアルテクノスのドラグフィーリングはやはり秀逸です。久々に電動リールでドラグ締め込んでみてすごくそれを感じた一日でした。
しかし、もう一回りくらい大きのは行けそうな雰囲気でしたが、かなりスリリングなやり取りのため、もう封印します(汗)
ウルトラライトはやはりウルトラソウルな1日でした。。。
nice!(1) 

バランスが大事 [マグロデンタルクリニック]

糸巻きとリーダシステムも組み直したので、セッティングについて少し書こうと思います。

まずはじめに私の場合、完全手持ちの前アタリ早合わせスタイルであることを前提とさせていただきます。

ストライクポジションでガイドを通さない状態で5kg、アルテクノスリールの3の位置です。
6の位置で10kgとなります。FULLまで入れると12kgくらい入る状態です。

IMG_0451.jpg

ガイドと竿の弾力で糸が通っている状態だと20%ほど抵抗が増えると思うのであたりを待っている状態で6kg前後になると思います。

そこから少し糸が出されるとスプールの回転軸の半径が小さくなるためFULLまで入れると15kg前後になると思います。スタンディングで一般的に耐えられる数値はこの辺ではないのでしょうか。

この力でシステム全体を引っ張って破断しないギリギリバランスで現在の仕掛けに落ち着いています。

最近は良質なオキアミが手に入りにくくなっているので太い番手の針が使えなくなってきておりますが、私は閂キハダ14号にプレミアム万鮪22号の組み合わせが定石となってきておりますので、冷凍のブロックから溶かしたもので十分丸掛けできるので、最近はあまりオキアミの確保にかけづり回らなくなりました。えっ?そんな細い針に太いハリスとドラグ設定じゃ曲がったり折れたりするんじゃない?
多くの方がそのように思うかもしれません。しかしながらそのような経験はあまりなく30kg前後のマグロを釣り上げております。

ここでタックルバランスということになるのですが、まずはしっかりと合わせを入れて針の懐までしっかりと回り込ませることが重要だと思います。1度だけ針が伸びていたことがあったのですが針先が鈍っていてかかりが浅かった事があります。とにかく魚が加えた瞬間に渾身の力で合わせを入れる、針先がある程度ねむりになっていたとしても、口元までズルズル引けばハリスに傷が入りますし、合わせの距離が長くなるので、ショートロッドの場合、合わせが甘くなりがちです。

このドラグ値で走られてもファーストランで30m〜50mくらいだと思います。またCCMチューンのアルテクノスはドラグの滑り出しが非常に滑らかで、針に掛かる負荷が少ないことが針が伸ばされない大きな要素にもなっているような気がします。ビーストの6000で締め気味にしてやり取りしてジャイアントキハダが伸ばされた経験は何度かあるので、個人的にそのように感じております。

CCMさん最近お休み中なので新規には手に入りにくくなってしまいましたが、すごくいいリールだと思います。メインシャフトのガタツキがまったくないのでリールのグリップを握ったままロッドを起こせます、何よりそのフォルムがカッコいいので所有する喜びが1番ですかね(汗)

タックルバランスとは言ってみたものの、かなり偏ったやり方なのであまり参考にはならないと思います、ゴメンナサイ。あと35kg以上はまだ釣り上げた経験がないのでそこは未知の領域です、、、

IMG_0454.jpg
nice!(0) 

そろそろ準備開始します! [マグロデンタルクリニック]

今年も相模湾で早くもシイラやカツオの魚影が確認され始め、ルアー船での釣果報告が目に飛び込んできております。

昨年は好調だった相模湾ですが今シーズンも期待に胸膨らませながら準備に勤しんでおります。

CCMさんが休業中途のことで、できる範囲でアルテクノスをバラしクリーニングとグリスアップを行いました。

IMG_0411.jpg

最近メインで使っているのはシルバーの12c ナロースプール、ギヤ比4,1
300m巻いていると思っていたオッズポート8号は実際抜いてみたら260mしか入れていなかったので、昨年のラインがなくなりそう!事件は260mで勝負していたということです。

ゴールドの12Vはギヤ比6,2、フルドラグ10号290m ダイナマキシマム60号10mにprノットで165MLに使っていましたがドナドナしたので今年はDONAN LS160につけようと思います。

IMG_0413.jpg

というわけでEVO165SSSに12c、LS160に12vという二本立てになりそうなのですが、主にLS160は父がビースト6000で使用するため。入れ替えながら使う予定となります。

しかしアリゲーターから8月にnew GILLをリリースするとの情報をキャッチし中村さんのところへ行ってテスト中のプロトを見せてもらい、まだテスト中とのことでしたがオーダー入れてきました。GILLがリリスされてからだいぶたちますが175という長さでアルミバット仕様というところでずっと見送り続けていたのですが、今回は自身のコンセプトにドンピシャでした。順調に行けばリリースと同時にオーダモデルが手元に届く予定です。

毎度のことですがカラーは、ほんとに悩みました、GILL限定のブラックアルミバットをベースにオーダー入れました。12cを装着することを前提とし、えっ?この竿、アリゲーターだったの?
みたいなカラーリングです!

おたのしみに!
nice!(0) 

今期終了! [マグロデンタルクリニック]

今年の相模湾は当たり年だった。

私は8打数5安打と過去最高

父が3打数1安打、最後の最後に1尾を釣り上げた、あまりに嬉しそうだったので、写真をプリントして差し上げた、すると自分で額を買ってきて大事そうに飾っていました。

水温も下がり大体の群れは何処かにぬけてしまった様子、また来年頑張ろう!!!

IMG_2291.jpg
nice!(0) 

ラインがない!?PERT2 [マグロデンタルクリニック]

仙台のインプラント学会も無事終わり、帰宅後すぐに相模湾に出撃しました。

新造船の1号に乗り込み朝一パヤオからのマグロへ出発、程なくして小さい小さいアタリが出たので
すかさずアワセを入れるといつものように30m程糸が出て止まった、その間にグローブとTバーを装着
重みは感じるが、まあいつもの感じ、ドラグをフルまで入れて巻き上げ開始

すると、突然とんでもないスピードとパワーでラインがすっ飛び始めた、サメに追われたのかと思いつつ
みるみるうちになくなっていく、この日はエボ165sssとアルテクノス12Cの組み合わせオッズポート8号が270m入っているが、止まる気配がまるでない、今まで35kgが自己記録だが200m以上糸を出されたことなどなくせいぜい150m前後でなんとかなっていた。

あっという間に残り20mまで来てさすがにまずいと思いドラグフルロックから指で思いっきり押さえのこり10mのところでなんとか止まる、もうリールのスプルーの芯まで見えている。

魚が少し浮いたので急いで30mほど回収、サメにやられたかな?
と思いつつそれでも抵抗し続けるので無事かな?
そうこうしながらやり取りし、残り50mで魚が回り始めた、今年こそ記録更新出来るか?

しかし、そこでぷつりとテンションが抜けた。。。

回収すると6mハリスが残り4,5mあたりで切れていた。

斜めに伸びきったような切り口であった。

真相はわからない、

逃した魚は大きいとはよく言ったもので、姿を見ていない以上、なにも語ることは出来ない。

やっぱり、修行が足りない、ミスがあったらマグロは釣れない、色んな事を考えさせられた。

帰り際にもう一発あたったのだが、こちらは難なく獲れた

釣行当日、同船しお付き合い頂いた皆様には感謝です!
なるべく早く上げるよう頑張っているのですが、時間がかかってしまった際はゴメンナサイ::

32kg、今シーズ初の30kg越え

仕掛けはどちらもプレミアムマンユウ22号 閂キハダ14号

IMG_2283.jpg

解体前 脂は今度こそ乗っていそう!
IMG_2285.jpg
nice!(0) 

久々の165ML [マグロデンタルクリニック]

釣行6回目も1号船に乗り込み出撃。

久々の165MLと12Vの組み合わせでスタート。
最近ずっと12Cのギヤ比になれていたせいか、すごくハンドルが重く感じる。

どちらかというと、こちらのセッティングの方が体への負担があるが、速い勝負に向いていると思う。

フルドラグ10号300mとナイロンリーダー60号8m、ビシ100号

先日の台風通過後のフィーバーから一段落、ストップアンドゴーから流して釣る感じになっていた。

パヤオで少しカツオ釣ってから、マグロに向かったが移動直後の一投目からココンとマグロのアタリ
いつものようにがっちりアワセ、無事ランディング、21kgと小ぶりなマグロでしたが、どうも左肋がミシミシと痛む、変な方向にひねったのか、久々に使った竿の影響か?

少し休養してからまた次に挑みたいと思います。


仕掛けはいつものやつ

IMG_2276.jpg
nice!(0) 

祝!第一秀吉丸 新造船 [マグロデンタルクリニック]

今期初めて新造船に乗り込んで5回目の釣行

朝一はパヤオ周りで少しカツオとシイラと戯れてから鮪狙いへ

連日、オキアミに反応しない鮪たちが今日はどうも様子が違うらしく
他船でのヒットシーをチラホラと見かけるさなか、程なくして自身の竿先にもアタリがでた!

すかさずアワセを入れ、少し糸を出したが
ここ最近バラシが多いので少し慎重にやり取りし
無事にランディング!

今季初の新造船釣行で船長に鮪釣果ををプレゼントできて良かった!

しかしこの日はそこで終わらず、

目の前を通りかかった8号船に手を振っていたら

本日、2回目のアタリがきた!

あわててアワセを入れて今度は少し強気に勝負を賭けたが、
先ほどより元気がよくそこそこ走り回る、
30kg超えてるかなと思ったが
港計測では28,5kgと少し及ばず

1日で二本の鮪を獲ったのは初めてだったが、シーズン前からずっとバーンマシーンで
巻き取りを想定したトレーニングを行ってきた成果が少し出たかな?

この時父もヒットした様だったがサルカンとの編み込み部が引きちぎれてしまったみたい
三本目はどこかに泳いで行ってしまった

けれど、鮪2本の釣果をプレゼントできたことはとても嬉しかった。

最初に獲った方は27kg、どちらも胃袋空っぽだったが
また熟成してクーラ空けるまで次の釣行は、お預けかな

今年は記録に挑戦出来るかもしれない。。。

プレミアムマンユウ22号
閂キハダ14号
いつものやつです。

o0480064114015179726.jpg
nice!(1) 

今年のマグロはヨコっ走しり? [マグロデンタルクリニック]

釣行一回目は父がヒットするも横に走って他船の船底?もしくはオマツリで?
30m位のところでPE高切れ。

釣行二回目は私がヒットするも横に走って、同船内でオマツリしまくりやっとほどけてさあ巻こう
そう思ったら、ハリス切れ、切り口にはマグロの体にこすった痕が付いていた。
プレミアム万鮪22号

釣行三回目は私がヒットいつもの右舷ミヨシでやっていたが船首に向かって横っぱしりしたが
今度はすんなり獲れた。

釣行三回目は私がヒット魚が相当うわずってきて船長の支持棚は15m
試しにショートハリス3,5mに変えた一投目にココンとアタリ
すかさずアワセを入れるが船尾に向かって横っぱしり30m位出されてハリス切れ
プレミアム万鮪20号

今のところアタリは出せている気がするがバラシが多い
ロングライフ直結びバインダーのラインナップが難しい

毎年のことだが沖のことは沖に出てみないとわからないことが沢山ある

船長の指示棚と魚探とソナーのアナウンスをよく聞いて頑張ろう

IMG_2271.jpg


nice!(0) 
前の10件 | - マグロデンタルクリニック ブログトップ