So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ALLIGATOR GILL ONSLAUGHT 12-160  [マグロデンタルクリニック]

ついにニューロッドが完成した!
プロトの段階でオーダーしておりましたが新しい竿を作るのはドナンLS以来なので4年ぶりくらい!
ギル素材がリリースされてだいぶ経ちますが、相模湾でキハダを釣り続けていくうちに道具のライト化傾向を考えつつも不意の大型にも備えたいという裏腹な思いと、ギル素材のモデルの制約などがあり新しいロッドのオーダーを踏みとどまっておりました。今回のモデルはスタンディングギル175よりもシャープで更に軽量化されたレングス、竿の調子はより柔軟で繊細な穂先、先完全手持ちスタイルには最適なのでは?そんな思いで期待に胸膨らませておりました。

いつも悩むカラーリングは、せっかくのギル素材なのでギル限定のブラックバットを軸にオールブラック、ワンポイントなし!チップをつや消し仕上げに!ATロックのワンポイントだけシルバー!
またグリップはリゼンブルレザーのブラックですがここもギル限定の通常仕様よりもペタッとした感じで滑りにくく良い質感です!

IMG_0609.jpg

先日の釣行で使用した感想は、マグロヒットはしませんでしたが、7kgのキメジと3kgのカツオがマグロ仕掛けに食ってきたのですが、竿の感度はビンビンでカツオのプルプルとした餌を咥えた瞬間のアタリですら感じ取れます。このサイズの魚であれば一切の主導権を取られずにガンガン浮かせてきます。あの細身のロッドからすると信じがたいほどのパワーでした!
それでいてあの名竿、エボ165sssよりも更に軽い!
フィッシングパラダイスの中村さんやアリゲータ技研の伊藤さんには製作にあたり、とても相談に乗っていただき感謝です!素晴らしい竿が出来上がりました!
今シーズは厳しい戦いとなりそうですが、マグロっ気はでてきています!
ビックワン目指してがんばります!

o0809108014246852920.jpg
nice!(0) 

ウルトラライトでメジマグロ?! [マグロデンタルクリニック]

今年もいよいよシーズンイン!
初日、2日目と撃沈情報が錯綜するも、3日目に秀吉丸一号船で出撃しました。
諸事情により手元のあるロッドはアリゲーターキュートとドナンLS160 さてどうしたものだろうか?
マグロの魚影が未確認ということで、ドナンを父に使ってもらって、私はキュートを使うしかない(汗)
バランス的にはいろいろ悩んだがあまり強すぎるリールを組み合わせず、あえてフォースマスター2000とした。フルドラグの5号300m巻いてあるけど、使ってもハリスはMAX20号までかなとそんな作戦、朝一、海舟船長に今日は事情によりいつものヒラメ竿しかないのでよろしくです、と一言告げました。
万が一マグロ食っちゃったらどうしようと思いつつ内心10kgくらいのキメジならなんとかなるだろうという気持ちと、道具の限界が試せるいいチャンスだというワクワク感で出船しました。
IMG_0599.jpg
ビシは80号使うつもりでしたが、前回の銭洲で100号背負わせていたのでそのへんの心配はありませんでした。撃沈覚悟で出船したものの2時間位クルージングして江ノ島沖あたりでカツオナブラが見つかり直行、今日は意外と口を使ってくれるみたいで、チャンスタイムにポポポーーーンと2〜3kgくらいのカツオゲット、このくらいならなんとか行けるかな、まあここまでは想定の範囲内、問題はキメジだ!
IMG_0601.jpg
程なくして船長が東に進路を取り始めた、どうやらキメジが食っているナブラがあるらしい、ドラグを少しきつめに締めていざ向かうと1投目であたり!正直、不調の相模湾と思いつつカツオで使っていたハリスをそのまま変えずに使っていたため合わせで切れてしまった、20号ハリスに変えしばらくしてもう一発ココンとアタリ、渾身の合わせを入れフッキング!リールシートの手前から思いっきり曲がっていたが30mほど糸を出されそこで止まった、すかさずマックスまでドラグを締め込み、フルパワーでレーバーオン!一気に巻き上げ無事ネットイン!6,2kgのキメジだ!初日と2日目の釣果情報を聞いていたのでこれなら全然良いほうだと思い、この日は終了、潮の色や雰囲気は出始めている気がするが、大型の回遊はどうなんだろう?そんな感じでした。
IMG_0602.jpg

久々に電動でやり取りしましたが、フォースの2000結構力あるじゃんという反面、スタードラグはやはり2,3kgくらいのドラグ値で使っている分にはまずまずの仕事をしてくれるが、ある程度設定値を上げた途端に滑り出しが悪くなり、糸が出始めると止まらなくなるなと痛感しました。確かに数値上ではマックスドラグ値がかなり高くなってきている電動リールはたくさんあるのですが自分が設定した値で安定的に糸の滑りが確保できるかどうかは難しいかなと感じた次第であります、その点からすればアルテクノスのドラグフィーリングはやはり秀逸です。久々に電動リールでドラグ締め込んでみてすごくそれを感じた一日でした。
しかし、もう一回りくらい大きのは行けそうな雰囲気でしたが、かなりスリリングなやり取りのため、もう封印します(汗)
ウルトラライトはやはりウルトラソウルな1日でした。。。
nice!(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。