So-net無料ブログ作成

ラインがない!?PERT2 [マグロデンタルクリニック]

仙台のインプラント学会も無事終わり、帰宅後すぐに相模湾に出撃しました。

新造船の1号に乗り込み朝一パヤオからのマグロへ出発、程なくして小さい小さいアタリが出たので
すかさずアワセを入れるといつものように30m程糸が出て止まった、その間にグローブとTバーを装着
重みは感じるが、まあいつもの感じ、ドラグをフルまで入れて巻き上げ開始

すると、突然とんでもないスピードとパワーでラインがすっ飛び始めた、サメに追われたのかと思いつつ
みるみるうちになくなっていく、この日はエボ165sssとアルテクノス12Cの組み合わせオッズポート8号が270m入っているが、止まる気配がまるでない、今まで35kgが自己記録だが200m以上糸を出されたことなどなくせいぜい150m前後でなんとかなっていた。

あっという間に残り20mまで来てさすがにまずいと思いドラグフルロックから指で思いっきり押さえのこり10mのところでなんとか止まる、もうリールのスプルーの芯まで見えている。

魚が少し浮いたので急いで30mほど回収、サメにやられたかな?
と思いつつそれでも抵抗し続けるので無事かな?
そうこうしながらやり取りし、残り50mで魚が回り始めた、今年こそ記録更新出来るか?

しかし、そこでぷつりとテンションが抜けた。。。

回収すると6mハリスが残り4,5mあたりで切れていた。

斜めに伸びきったような切り口であった。

真相はわからない、

逃した魚は大きいとはよく言ったもので、姿を見ていない以上、なにも語ることは出来ない。

やっぱり、修行が足りない、ミスがあったらマグロは釣れない、色んな事を考えさせられた。

帰り際にもう一発あたったのだが、こちらは難なく獲れた

釣行当日、同船しお付き合い頂いた皆様には感謝です!
なるべく早く上げるよう頑張っているのですが、時間がかかってしまった際はゴメンナサイ::

32kg、今シーズ初の30kg越え

仕掛けはどちらもプレミアムマンユウ22号 閂キハダ14号

IMG_2283.jpg

解体前 脂は今度こそ乗っていそう!
IMG_2285.jpg
nice!(0) 

nice! 0